相続税に必要な書類

1.市役所

<被相続人>

  • 原戸籍
  • 除籍謄本
  • 戸籍謄本
  • 名寄帳等(土地、建物)

<相続人>

  • 戸籍謄本
  • 印鑑証明書
  • 住民票等

2.法務局

  • 登記簿謄本(土地及び建物)、上記の名寄帳記載物件全て
  • 公図等(土地)上記の名寄帳記載物件全て

3.銀行等

  • 残高証明書(死亡日現在のもので、利息の記載も必要です)
  • 出資金証明書等(信用金庫、農協等)

4.保険会社

  • 保険金支払調書等

5.債務・葬式費用

  • お寺や神社へのお支払の金額の分かる書類(領収書等)
  • 葬式費用の領収書等、死亡後に支払った医療費の明細
  • 固定資産税、国民健康保険料の納付書、借入金の証明書等

6.その他参考資料

  • 相続開始前3年分の所得税の確定申告書控、準確定申告書控
  • 貸地、貸家、借地の賃貸契約書、事業用動産の明細書
  • 被相続人の相続開始日の手持現金、家庭用動産の明細
  • 自動車、電話加入権、貸家の未収家賃
  • 相続開始前3年以内の贈与税申告書控
  • 相続開始前5年以内の不動産譲渡がありましたら、その代金の使途の明細
  • 相続開始前10年以内の相続がありましたら、当時の相続税申告書の控
  • 会社経営の社長様の場合で、自社の株式をお持ちの方は、相続開始日前の直近3期分の決算書等