相続のスケジュール

相続が発生したけれど、「何から手をつけていいのか分からない」とお悩みの方に相続税の申告までの流れをご紹介します。
期間手続き 解説
3ヶ月以内被相続人の死亡
(相続開始)
医師の作成した死亡診断書をもって市区町村で
除籍等の手続きが必要となります。
遺言書の有無の確認 公正証書の場合は、公証人役場等でも遺言の有無が
確認できます。
相続人の確定 戸籍等で相続人・相続人数を確認します。
相続の放棄又は
限定承認
相続放棄は各相続人ごとに家庭裁判所にて行います。
限定承認は相続人全員が共同して家庭裁判所に
手続きを行う 必要があります。
4ヶ月以内    故人の
所得税準確定申告
故人に所得があれば死亡日までの所得計算が必要です。
10ケ月以内 遺産調査 相続人の方々に協力して頂き、遺産を把握します。
相続税評価額調査 税理士や税理士以外の不動産鑑定士・土地家屋調査士等と
共同して評価額を算定致します。
遺産分割協議書作成 相続人間の話し合いを基に作成致します。
相続税申告書の作成 所轄税務署への提出するため、様々な添付書類と共に
申告書を作成致します。
相続税申告・納税 相続税申告書の提出と、その申告書に記載してある
相続税額を金融機関等でお支払して頂きます。
遺産分割後
速やかに
遺産の名義変更手続き 土地や建物の名義変更(相続登記)については、
当事務所の提携先の司法書士を紹介いたします。
(別途見積もりとさせていただきます。)