銀行対策・赤字対策

経済不況に伴う、貸し渋り、貸し剥がし。

近年の経済不況に伴い、経営状況が悪化する中小企業が多くなってきました。これらの会社に求められるのは、節税対策より、むしろ赤字対策や銀行対策です。

  • 銀行から融資の継続を断られた。
  • 担保の追加を要求された。
  • 金利を一気に3%上げるといわれた。

銀行のムチャな要求に対し、倒産を覚悟する社長もたくさんあると思います。

ルールが変わった?

最近になって銀行の融資ルールが大きく変わったのをご存知ですか。

これまでは土地や社長の預貯金を担保に融資してくれました。
ところが今は担保による融資が難しくなってきています。

赤字会社でも追加融資が受けられる!

実は赤字であっても「貸し渋り」「貸しはがし」など、最悪の事態を回避する方法があります。

金融機関の格付けアップという方法もありますが、実際にはかなり難しいです。それ以外の方法として、数字の並べ替えや科目の振り替えで決算書の数字を良くすることができるケースもあります。

最終的には業績が改善するのがベストですが、こうした小手先テクニックを緊急時に限定して使うことも有効なケースがあります。